ごはん、残しちゃダメ?

0

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    ご飯は残しちゃダメって

    確かにわかってるんだけど

     

    子供に残しちゃダメだよ、と強く言えない私。

     

    というのも、私自身が親から残しちゃダメって

    言われずに育って、

    でも、ほとんどごはんに文句を言ったことも、

    残したこともなかった。

     

    なぜなら、親がごはん一粒でも

    とても大事にしていたし、食材も大切に使っていた。

     

    そんな姿をずっと見ていたからだと思う。

     

    大人になって、結婚した友達の家に遊びに行って

    あまった食材を堂々と捨てている姿を見たときには

    あまりの衝撃に、家に帰って母に報告したのを

    今でも覚えています。

     

    私も母のような姿勢を子供に見せられたらなぁと

    そう思うけれど、

    きっと、今の私はできてないだろうなぁ。

     

     


    子供のふりみて親のふりなおせ?!

    0

      JUGEMテーマ:日記・一般

       

      子供の悪い部分を誰かに指摘されたとき、

      子供の悪い部分を目の当たりにしたとき、

       

      まず、いつも自分はどうなのかな?と考えてしまう。

       

      例えば、テレビみすぎだよ、のひとことをいうまえに、

      自分はじゃあ、どうなのか。そういえば子供の前で

      テレビめっちゃみてるな、とか。

       

      人のせいばかりして、と注意するとき、

      自分は子供の前で人のせいにするような発言してなかったかな、とか。

       

      あやまりなさい、という前に、自分は子供の前で

      素直にごめんなさい、と言えるような、

      見本の大人でいてあげれてるかな、とか。

       

      そんなとき、たいていはちゃんとできてないなって、

      私には言う資格がないなって、

      そう思うことが多すぎておどろいてしまう。

       

      そんなこという資格は私にはない、と、

      子供にはなかなか怒れない。

      それよりも、見本となる自分になって、その姿を子供に見せることのほうが

      大事な気がして。

       

      子供に素直に謝って、えらそうなこと言える親じゃないけどごめんねって、

      そういって、一緒に考えて、一緒に成長していこう。

       

      こんなお母さんだけど、いいですか。

       

       

       


      おかあさん、早く帰ってきて

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

         

        昨日お風呂からでた小1の息子が

        体をふきふき言いました。

         

        「おかあさんは、なんでいつもおそいの?

        ボク、お母さんと一緒にいたい。

        早く帰ってきて。」

         

        と、つぶらな瞳で訴えるように私を見上げました。

         

        うっ、つらい。この瞬間。

         

        「さびしい?」

         

        ときくと、こくんっとうなずく我が子。

         

        「何時に帰ってきてほしい?」

         

        「1時。」

         

         

        子供をぎゅっと抱きしめ、

        「なるべくがんばるね。」と言いつつ、

        心の中では、そりゃ無理だわとつぶやく。

         

        6月からおかあさん、マネージャーになるからね、

        今より帰りが遅くなる日が多くなるよ、と

        どこかで伝えなければ、と思っていながら、

        とうとう今日で5月もおわる。

         

        また言えなくなっちゃった…


        ママ友なんて

        0

          JUGEMテーマ:日記・一般



           



          ママ友なんて、共働きの私には必要ないと思っていたけど、



          ふと気づけば、気持ちをわかちあえる友達が増え、



          働く私を助けてくれるたくさんのママ友たち。




          こんなにも、心救われる存在になるとは、


          本当に想定外。




          だけど、してもらうばかりでお返しのできないことが


          これほどまでに心苦しいとは。




          彼女たちに、感謝の気持ちを伝えるほかに、


          私にできることはないんだろうか。











          いっぱい甘えさせてあげたい

          0

            JUGEMテーマ:日記・一般




             



            甘やかしすぎだ、と旦那は言うけれど、



            私は共働きで一緒にいられない時間が多い分、



            いっぱい甘えさせてあげたい。




            おかあさん、きてーと手を伸ばして呼ばれれば、


            よっぽどじゃない限り、時間の許す限り、


            そばにいってぎゅっと抱きしめてあげたいし、




            あれやって、これやって、って言われたことは


            できる限り、やってあげたい。




            旦那はそれを甘やかし、だというけれど、


            わがままいって愛情確認している子供に、


            どっぷり安心感を与えてあげたい。




            そう思ってしまうのです。




            旦那が「また甘やかして!」と文句を言わないように、


            たまに旦那に気を遣って、子供に「自分でやって」といったときは


            なぜか嫌悪感。


            なぜなら、子供のためを思ってでた言葉ではなく、


            旦那に気を遣って言ってしまっただけだから。




            子供なんて離れていくときは離れていくし、


            ひとりでできることなんて、どんどん増えていく。




            甘えてるのは私がお母さんだからであって、


            しつけやマナーはこれとはもっと別のものだと、私は思うんです。






            なんで学校に行かなくちゃいけないの?

            0

              JUGEMテーマ:日記・一般

               

              学校いきたくない。

              なんで、学校に行かなくちゃいけないの?

               

              小学校1年生になったばかりの子供が

              ふと、そんなことを言いだしました。

               

              結構順調に楽しく小学校も学童も通っているように

              思っていたのですが、

              そろそろ子供なりに思うところがでてきたようです。

               

              そうだね、

              お母さんもそうだったし、

              同じように思う子もたくさん、いるよ。

               

              そーんなことしか言えない私。

               

              明日は明るく楽しく、

              いってきまーす、の声がきけるといいな。

               

               


              まいにちありがとう

              0

                JUGEMテーマ:日記・一般

                 

                ありがとうね

                 

                まいにちありがとう

                 

                たまにてつだうからあんしんしてて

                 

                かぜおひいたらおねがいね

                 

                でもかぜおひくことないとおもう

                 


                「大丈夫?」は使いたくない

                0

                  大丈夫?という言葉。

                  できればなるべく使いたくない。

                   

                  なぜなら、私がいつもそうやって心配されて、

                  自信のない子に育ったような気がするから。

                   

                  「はじめてのおつかい」でもやっていた。

                  おつかいに行く気になった子に、

                  「大丈夫?」と声をかけると、

                  大丈夫じゃないかも、となって、急に行かない、となるんだとか。

                   

                  なので、私は「えー?大丈夫?」と心の中で心配しても、

                  「へぇ、そうなんだ。」と平静を装い、

                  トーンを変えずに普通を保つ。

                   

                  だけど、旦那ときたら、

                  「え?そうなん?大丈夫なん?」と。

                  おおげさにもほどがある!

                   

                  へぇ、ですませてくれよ、と何度おもったことか。

                   

                  なんとなくね、子供、私に似ているところが

                  たくさんあるような気がして。

                   

                  心の中では常にやきもきしてるんです。

                   


                  もうひとり産んであげたかったな。

                  0

                    最近お友達家族が我が家に遊びにくる機会が増え、

                    そのたびに、なんで自分には兄弟がいないんだろう、と、さびしく、そして疑問に思うようです。


                    先日も、ボクも兄弟ほしいな。もうこれから、絶対無理なの?ボク、ずっとひとりなの?とポツリ。


                    ぐさっときましたよ。さすがに。


                    息子を産んだのが40の時だったので、あのとき、とっとと次を産んでおけばよかったものの…


                    絶対子供が欲しい!という人間ではなかった私はそんなに深く考えていませんでした。


                    だけど、こうやって子供が産まれ、愛おしく思えば思うほど、この子のためにもうひとり産んであげたかったな、と。


                    でも、もう47歳。さすがに無理ですよね…。




                    小学校辞めたい

                    0

                      おかあさん、どうして小学校は辞めれないの?


                      と小1の我が子が言い出しました。


                      それなりに楽しく通っていると思っていたのに、一体どうして??と尋ねてみると、


                      勉強せなあかんもん。



                      まあね。確かにね。勉強嫌いだもんね。


                      でも、大人になって社会にでるのに知っとかなあかんことがたくさんあって、それを教えてくれるんだよ、と説明したものの。


                      ほんまやな、なんでいかなあかんのかな、と思ってる自分も。


                      あ、そうか。勉強じゃない!


                      たくさんのお友達と過ごすなかで、いろんな気付きがあり、成長していくんだった!


                      我が子よ、葛藤しながら、成長して大きくなあれっ!



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      GoogleAds

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 秋の夕暮れ
                        ちこべあ
                      • ニホンゴハムズカシイ
                        sora
                      • 秋の夕暮れ
                        sora
                      • ブログの再開
                        ちこべあ
                      • ブログの再開
                        sora
                      • 時間が経つのは早いもので・・・
                        ちこべあ
                      • 時間が経つのは早いもので・・・
                        sora
                      • 私が思う理想の関係
                        sora
                      • 後輩に会いに・・
                        ちこべあ
                      • 後輩に会いに・・
                        sora

                      links

                      profile

                      書いた記事数:642 最後に更新した日:2018/06/03

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM